2019 エリザベスの宝箱 All Rights Reserved.

社長の女子力?母の愛情のような社風(事例紹介)

ミヤシステムが生まれた 宮脇建設 という会社の社長は現在女性である。
というのもわたしの実の母。 わたしが持つ幼いころからの母のイメージは 父(先代)の横で
「みやわきの家内でございます。」と遠慮がちに微笑む姿なのである。

しかし、5年前突然父が病気でなくなり 残された会社や父の想いを
誰が引き継ぐのか、誰が次の世代へつなげるのかを考えたときには
適任者は母しかいなかった。

わたしは、父が社長の時代を7年すごし 母が社長になってからもう既に5年のいう月日を見てきたが
同じ社長でも会社の経営や会社の雰囲気がこうも違うことを 今更ながら実感する。

今母が一番気にしているのは 現場での経験がない分

「いかに現場監督さんや事務員さんが、モチベーションを維持して業務に取り組めるか?」
「会社に来社いただいた方に、気持ちよい空間が提供できるか?」
とみんなの母のような愛情で 明るい社風つくりをしているのだ思います。

miyawaki
最近変わった社内の様子。
全体的には「すっきり」 明るいイメージ。
目に付くところに書類などはなく 
美しいブリザーブドフラワーが
並べられ一見CAFEのような雰囲気。

Filed under: 未分類 — erizabes 4:44 PM
  • エリザベスの宝箱
  • エリザベスの宝箱
  • エリザベスの宝箱
  • エリザベスの宝箱
  • エリザベスの宝箱
  • エリザベスの宝箱
  • エリザベスの宝箱
  • エリザベスの宝箱
  • エリザベスの宝箱
  • エリザベスの宝箱