2019 エリザベスの宝箱 All Rights Reserved.

[ iGC物語] 仕事が好きな女性の方へ

こんばんは。宮脇エリです。

女性起業家プロジェクトiGCを始めて
もうすぐ2年が経とうとしています。
どうして、iGCの活動を続けていきたいのだろう?

最近、よく思う自分への問いかけ。

IMG_5559.JPG

その問いかけに答えるうちに、とってもiGCが愛おしくなっています(笑)
なぜiGCを始めようと思ったのか?を少しづつ書いていきたいと思います。

まずは
仕事の好きな女性の方へのメッセージ。

わたしは、家業に入る前は卒業してOLとして不動産会社に就職しました。

当時、大分では大きな会社でグループ全体に活気に溢れていました。

24才
5年目に入り、大きな仕事も任せてもらえるようになり、仕事が面白くてたまらなくなった頃のコトです。結婚し、すぐに妊娠しました。

わたしはその会社も社長も大好きで、ずっと働きたいと思っていました。
しかし産後復帰した女性社員は居ず、妊娠したら円満退社が通例でした。
退職する時に聞いた社長の方針が、子供は家庭に入って育てなさい。それが、女性の幸せだ。というお考えだったようです。

それが間違いだとは思いません。
でもわたしはどうしても仕事を続けたいと思い、主人に相談して父の会社に入社しました。妊娠8ヶ月で入社し、産後2ヶ月で仕事に復帰しました。

その時は仕事と言っても父親の会社に甘やかされた娘が入り、少しパソコンができる程度でした。会社の皆さんにはかなりのご迷惑をかけたと思います。

保育園には、6ヶ月を過ぎたら預ければいい…と当時の事務員さんも言ってくださり、ベビーベッドを持ち込んで長男は育ちました。

最近では、ロンキャリ女子(結婚、妊娠、出産後も長くキャリアを積みたい、働きたいと希望する女性)という言葉も出始めました。

女としての幸せは、人それぞれです。
わたしは働きたいと思う女性が、仕事も家庭もどちらも両立したいと願う方々が
能力を発揮できる働き方をもっと社会全体で創っていけるといいなと思っています。

そして、私自身も少しでも役に立てるようになりたいなと思う気持ちが、iGC運営の基本にあります。

わたしは、理解のあるパートナーに恵まれ、仕事を思う存分挑戦できています。
そしてそれは、家庭を大切に思う気持ちにつながり良い循環が保たれています。

両立を完璧にこなすことが完成ではなく、如何に楽しめるか?がシアワセなんだと実感しています。

世の中のビジネスウーマンがより輝ける場所を、方法を…
女性起業家の皆さんと模索していくこと。小さな行動の積み重ねが、大きな波になるように。

Filed under: iGC44 — erizabes 11:57 PM

コメントを残す

  • エリザベスの宝箱
  • エリザベスの宝箱
  • エリザベスの宝箱
  • エリザベスの宝箱
  • エリザベスの宝箱
  • エリザベスの宝箱
  • エリザベスの宝箱
  • エリザベスの宝箱
  • エリザベスの宝箱
  • エリザベスの宝箱