2019 エリザベスの宝箱 All Rights Reserved.

プロフィール

2014年1月1日

erizabes

宮脇恵理(みやわきえり)

1973年 大分県生まれ 

ミヤシステム株式会社 常務取締役
iGC共同代表
大分県土木建築部 ITアドバイザー
NPO法人 大分IT経営推進センター
大分県産業創造機構 専門員
魔法の質問 認定講師

こんにちは。 ミヤシステムのエリザベスこと 宮脇恵理です。
2014年1月1日 現在 の私自身と 今一番楽しく活動しているお仕事について書いてみました。

2014年版 エリザベスのミッション

[建設業界の未来が輝く原価管理を全国に普及する]

私は土建屋の娘として生まれ、この業界の技術者の方を周りに見ながら育ちました。

バブルの時代も身近で見たし、建設業政策大綱発表後の 下り坂を転げるような建設業界の荒波の時は

自らが経営者陣として苦しい時代を過ごしました。

>>なぜ、多くの建設会社には 原価管理が定着しないのか?

>>原価管理をするためには どんな準備が必要か?

>>原価管理をする先に どんな希望や価値を見出していくのか?その結果?

を追求し続けた15年間。

このマインドを伝え 建設業界を健全に発展させる伝道師として 全国で活動しています。

[女性がもっと社会で輝けば 大分県はもっと元気に輝く! iGCプロジェクト]

iGCの iは intuitive  女性ならではの直観力を活かす  それも i(いいこと)T(たくさん)を使ってね

Gは Genius 専門性を持つ女性が才覚をはなち 互いの能力を高めあう

Cは コミュニケーションやコンサルティング集団といった意味合い。

女性起業家が 出会う場を提供し お互いをもっと知ってコラボレーションによって 新しいビジネスモデルを

創出することを目的としています。

これまでのわたし

0才  1973年  大分県津久見市に生まれる

18才 1991年  大分県立大分舞鶴高等学校卒業

20才 1993年  西南女学院短期大学卒業

短大卒業後、不動産会社勤務し 賃貸営業、経理業務を経験。

このころに Windowsが世の中に登場し 業務上PCの基礎知識が必要となり興味をもつ

※ よく パソコンのことを専門的に学校などで学んだんですか?と聞かれますが 現場で学んだ独学。

なので 詳しいことは あまりわかりません :lol:

MIYAシステムとの出会い

25才 :  1998年出産を機に 親元でゆっくりしようと 父の会社 [宮脇建設株式会社] にもどる。

時期をおなじくして・・・    [MIYAシステムの誕生]

父であり 宮脇建設の創業者である 宮脇健司 がこのころ MIYAシステムの開発に燃え

寝ない日々をすごし ある日 いよいよソフトウェアとして 動く。

いきなり、このソフトを全国展開する! との 社長宣言。

それまで 小さく社内システムを運営していた 「システム企画室」 に所属される。

システム企画室での担当業務は 社内に原価管理体制を普及すること。

ベテラン監督さんは PCに強い拒否反応を示し 「そんなことしちょられん!」という中、毎日待って

一緒に日報入力をしたり 実行予算をパソコンに入力したりする日々が続く

周りの建設会社の社長さんたちの声

周りの土建屋社長さんは

「ケンちゃん は パソコンボケや~。 土建屋は 勘ピューターが必要なんや!
そんなことばっかりして 営業にもいかんと 会社つぶすで!
エリちゃん、お父さんにそう伝えときよ・・ 」と笑われ

「今に見てろよ」と おもう。  が 自分の作ったものを売る
という初めての経験の中で どうしていいのかさっぱりわからず

そのころの販売方法

・東京の展示会に出展する  何百万もかけ 出展しさえすれば売れると思い準備する

・建設業専門誌や 建設業新聞に 広告をだす。 かなり高い

こんな感じで少しづつ全国の 人に 原価管理ソフト 「MIYAシステム」をしってもらおうと努力を重ねる

Filed under: — erizabes 12:00 AM
  • エリザベスの宝箱
  • エリザベスの宝箱
  • エリザベスの宝箱
  • エリザベスの宝箱
  • エリザベスの宝箱
  • エリザベスの宝箱
  • エリザベスの宝箱
  • エリザベスの宝箱
  • エリザベスの宝箱
  • エリザベスの宝箱